• 「梅雨・初夏」をのりこえる
  • 花粉症の対策とポイント
  • かぜ、肺炎が増えている理由
  • メタボリックの話 - ワンポイント健康法|株式会社ライフメディカル・IHMグループ

    ホームワンポイント健康法メタボリックの話

    [ワンポイント健康法]気軽にとりくめる旬な健康情報! 特集:メタボリックの話

    メタボリックってなに?

    女性の「モデルやせ」は不健康

    やみくもなダイエットや激しいスポーツは健康を害することがあります。若い女性の場合、生理不順や骨が弱くなるリスクあり。もちろん肥満は問題ですが、女性は体脂肪は15%は必要といわれています。

    日本人は糖尿病になりやすい

    日本人はインスリンの量が欧米人のおよそ1/2。つまり、糖尿病になりやすい体質です。お腹がぽっこりしはじめたら、血糖値に注意を払いましょう。

    薄いメタボの改善意識

    • 30%の人が運動しない、する気もない(男性の20~39歳、女性の15~29歳、70歳以上の調査)
    • 40%以上の中年が運動をしていない
    • 「朝抜き、夜遅い食事」の太る習慣が年々増加。

    内臓脂肪はストレスが関係

    メタボリックで問題になるのは動脈硬化や糖尿病の原因になる、皮下脂肪ではなく内臓脂肪です。ストレスが続くと副腎皮質ホルモンが多くでて、脂肪を内臓に沈着させます。ストレス食いは要注意!

    「つまめる」のは内臓脂肪ではない?

    指でつまめるお腹のたるみは皮下脂肪、病気を起こしやすい内臓脂肪はつまめません。《お腹が出てきたのにつまめない》場合が心配です。

    尿酸は動脈硬化のシグナル?

    メタボリックの診断基準に尿酸値はありませんが、メタボ系の人は尿酸値が高い傾向にあります。高尿酸がすぐ病気ではありませんが、最近では動脈硬化のシグナルではないかといわれています。

    朝型生活の大切さ

    内臓脂肪が減る食生活

    • 朝型の食生活、早めの夕食
    • 缶コーヒーは1本まで、できればお茶を
    • 体を動かしてストレス解消
    • 食べ残しを食べない

    内臓脂肪が減る生活

    • 1日20分以上、息切れしない程度の軽い運動の励行
    • 減量は1ヵ月2㌔を目安にして
    • 6~7時間の睡眠

    ページのトップへ戻る